デパート積立金とは?意外と知らないお得な利用方法

デパート積立金

デパート積立金とは?意外と知らないお得な利用方法

デパート積立金とは?

デパート積立金を一言でいうのなら、本来銀行などで積み立てているお金を「デパートでお金を積み立てる」ことです。

各デパートの「友の会」や「サークル」に加入し、半年・一年間、一定のお金を積み立てると、積み立てた総額にボーナスを上乗せし、自社商品券もしくはプリペードカードがもらえる仕組みです。

「銀行に積み立てればいいじゃない?」と思われるかもしれませんが、「得」という視点で見ると銀行とデパート積立金では「年率(ボーナス金額)」が大きく変わります
※年率とは、貯蓄・定期預金などで預けているお金に対して発生する「利息」

現在の日本は、低金利が続いており預金していてもお金はなかなか増えません・・・。

日本銀行/預金種類別金利をみると、0.01%という低金利の状態です。預けていても「得する!」とまでは、なかなか言えませんよね。

デパート積立金は、どれくらいお得になるの?

デパート積立金は、毎月1万円積み立てると1年間で12万円の積立金が13万円になりますので年利換算8.3%になります。しかも、一括ではなく毎月の積立なので実際には年利15.8%になります。

例)毎月10,000円積立×1年間=120,000円
120,000円×年利%=130,000円 ⇒ 10,000円が増えてお得!


ですが、この積立金は「得する人」「損する人」に分かれますので、ご自身の生活状態と照らし合わせて検討してください。
金融庁/年利シミュレーションで、計算して頂ければどのくらいお得になるのかおわかり頂けると思います。

積立金を始める前の注意点

デパート積立金が満期になったら、『現金』ではなく『商品券もしくはプリペードカード』で戻ってきます。

戻ってきた金券は『自社のお店(系列のお店)』でしか使えないため、普段から積立するお店を利用していなければ、場合によっては損していまいます。

しかし、普段使いはしていないけど「ほしいバックがある」「セールの時にまとめて買いたい」「贈り物(お歳暮等)の時に利用したい」という方であればお得になります。

それでは、デパート積立金を始める条件や流れについて詳しく説明させて頂きます。

入会~デパート積立~満期までの流れ

①どこに入会するかを決める

どこの百貨店にどんな友の会があるのかわからないという方は、日本百貨店協会に記載されていますので自宅周辺のお店を確認してみましょう!

②入会手続きをする

積立をするには「友の会」の会員になる必要があります※入会料は無料

【入会方法】
入会したいお店に行く
一部、郵送やネットからの申し込みができる友の会もありますが、有名な百貨店はほとんど「来店」しなければいけません。

③積立金額・期間を決める

毎月積み立てる百貨店によって、金額と期間が異なります。
金額・・・3,000円・5,000円・10,000円・30,000円コースなど
期間・・・半年コース・一年コースなど

④積立入金方法を決める

以下の方法を選べる
①その都度お店に直接現金をもっていく
②口座振替(毎月引落)
※クレジットカードでの利用はしていない

⑤会員特典!優待情報も要チェック

入会して会員になると「会員優待」を利用することができます。
友の会によって優待内容は様々ですので、事前にチェックされることをおすすめします。
例)食事・温泉・宿泊・レジャー施設や美術館etc・・・

⑥満期になったらお店に行く

手続きをしたお店に訪問し満期を手続きを行い、積立した現金+ボーナス分を商品券もしくはプリペードカードで受け取ります。

⑦商品券を利用し買い物をする

日常の買い物から贈り物まで、用途に応じて買い物ができます。

積立を途中で解約したいときの注意点

満期まで積み立てることが大前提の「デパート積立」ですが、家庭のご事情などの理由で解約したい時もあるかと思います。

どの会も解約はできますので安心してください。そして、途中で解約の場合プラスにはなりませんが損もしません。

ただ、現金ではなく商品券での返金のお店もありますので、解約時の返金方法なども事前に確認しておきましょう。

 

全国の有名な友の会をいくつかご紹介

友の会名称 対象デパート 積立期間 お申込み方法 満期時の受取方法
エムアイ友の会 三越 伊勢丹 岩田屋 丸井今井 6か月・12か月 来店のみ 来店のみ
大丸松坂屋友の会 大丸 松坂屋 6か月・12か月 来店のみ 来店のみ
タカシマヤ友の会 高島屋 12か月 来店のみ 来店のみ

デパート積立金のメリット・デメリット

デパート積立金は、お得ではありますがデメリットもありますので事前に確認しておきましょう。

メリット

①ボーナス分(プラスになった分)非課税
②自分のスタイルに合わせて金額や期間を選べる
③百貨店によってはオンラインでの利用も可能
④使用期限はないため、あせることなく利用できる
⑤百貨店で買い物することが決まっている人はお得

デメリット

①満期となって戻ってくるのは、現金ではなく商品券
②途中でコース変更することはできない
③途中で解約することはできるがプラスにはならない
④お店の利用が無ければ損
⑤満期になったらお店に行かなければいけない
⑥倒産リスクがある(倒産した場合、割賦販売法により半額は保証され戻ってくるが全額戻ってくる保証はない)⇒倒産しなさそうな百貨店を選んだほうが無難

百貨店と聞くと、入会しているのは年配の女性が多いのでは?とお考えになるかも知れませんが、若い方も入会されていますし気にされることはありません。メリット・デメリットを知った上で、やる価値があると思われた方はぜひ試してみて下さい!