医療費控除とは?対象の条件や金額など、介護保険サービスも医療費控除対象

医療費控除

会社勤めの方は、年末調整・・・
自営業の方は、確定申告・・・

そろそろ整理して準備をし始めなければなりませんね。
今回はその準備に必要な「医療費控除」についてお話したいと思います。

医療費控除とは?

その年の1月1日から12月31日までの間に、納税者本人とその家族(生計を一緒にしている)、その他の親族のために医療費を支払い、その合計金額が10万円を超えた場合、確定申告をすることで所得税が控除される制度を「医療費控除」といいます。

医療費控除の条件とは?

☑その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること

☑納税者本人または、生計を一緒にしている家族、その他の親族のために支払った医療費が10万円以上であること

又は・・・
☑合計所得金額が200万円未満の人→医療費の支払いが10万円以下だが、合計所得金額の5%を超えている

例)合計所得金額が100万円の人の場合
100万×5%=50,000円
つまり、このケースの場合は、50,000円を超えていれば医療費控除の対象となります。

医療費は200万円が上限としてありますので、200万円以上の医療費は控除対象外となってしまいます。

それにしても、生計を一緒にいしている家族だけではなく、親族のために支払った医療費も含まれるのはポイントですね。
次は、どのようなケースが医療費として認められるのかをみていきましょう。

医療費として認められる費用とは?

‣診療・治療費・通院のための交通費
医師による診療又は治療とみなされます。しかし、健康診断は対象外となります。自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。

‣治療のための市販医薬品
風邪をひいた場合の風邪薬などの代金は医療費となり、ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は対象外。

‣治療のためのあん摩マッサージ指圧師・鍼灸師・柔道整復師による施術費
疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれません。

‣保健師・看護師・准看護師による療養上の世話
家政婦さんに病人の付添いを頼んだ場合の療養上の世話費用も含まれます。しかし、家族が付き添いを行い、その対価としてお金を支払ったたとしても、この場合は医療費対象外となります。

‣虫歯の治療・治療のための歯科矯正
歯科医師による診療又は治療とみなされます。しかし、治療が終わり、その後の定期健診は対象外となります。

‣妊婦の定期検診・検査・通院費用
通院費用の領収書が無い場合、家計簿などに記録し証拠として残せばOKです。しかし、里帰り出産のために実家に帰省する交通費は対象外となります。

‣出産の入院費
‣助産師による分娩の介助
入院のためのパジャマや洗面具など身の回り品を購入した費用は対象外となり、入院中の食事代は、入院費用の一部として支払われるものなので医療費控除の対象となります(出前は・・・対象外です)。

‣不妊治療・人工授精の費用
不妊治療は、保険適用外となる費用が多く自己負担も大きいですよね。市区町村に申請することで助成金はでますが、ほんの一部しか返ってきません。そこで諦めず、医療費控除の申請も忘れず行いましょう。
「医師による診療等の対価として支払われる不妊症の治療費及び人工授精の費用は、医療費控除の対象となります。」と国税庁のHPでも明記されています!

‣義足・義手・義歯・松葉杖などの購入費
‣6ヶ月以上寝たきりで、使用の必要が認められるときのオムツ代(医師の証明必要)

などがあげられます。他にもあるかと思いますので、わからない点は税務署に確認してみてくださいね。

次は、介護保険サービスも医療費控除の対象となるケースがありますので2点詳しくご紹介させてください。

介護保険サービスも医療費控除対象!

‣介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額
<Point1>つまり!下記表の介護保険サービス(介護保険の医療系サービス)を利用した負担金医療費控除対象となります。

  医療系サービス
サービス内容 要介護1~5 要支援1・2
看護師がご自宅へ訪問し、病状のケアや医療的観点から生活のアドバイスなどを行う介護保険サービス 訪問看護 介護予防訪問看護
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がご自宅へ訪問し専門的リハビリを行う介護保険サービス 訪問リハビリテーション 介護予防訪問リハビリテーション
環境や身体的要因により通院することが困難な人を対象に、医師・歯科医師・歯科衛生士・看護師・管理栄養士・薬剤師が自宅を訪問し、健康管理や指導を行う往診介護サービス 居宅療養管理指導 介護予防居宅療養管理指導
「デイリハ」と呼ばれており、医師の指示のもとリハビリのために通う介護保険サービス 通所リハビリテーション 介護予防通所リハビリテーション
「医療型ショートステイ(泊り)」と呼ばれ、医学管理の下で日常生活の介護や機能訓練などを受けることのできる介護保険サービス 短期入所療養介護 介護予防短期入所療養介護

<Point2>上記表の医療系介護保険サービスを利用している人は、下記表の介護保険サービス医療費控除の対象となります!

福祉系サービス
要介護1~5 要支援1・2
訪問介護(生活援助中心型を除く) 介護予防訪問介護
訪問入浴介護 介護予防訪問入浴介護
通所介護 介護予防通所介護
短期入所生活介護 介護予防短期入所生活介護
夜間対応型訪問介護 介護予防認知症対応型通所介護
認知症対応型通所介護
小規模多機能型居宅介護 介護予防小規模多機能型居宅介護

ケアマネジャーの経験がある私ですが、この条件で医療費控除になるなんで知りませんでした・・・反省です・・・。要介護の方で医療系サービスを利用しておられる方がいたら、年間で10万円は優に超えるのではないでしょうか。医療系介護保険サービスを利用されている!必見です!

介護福祉士等による喀痰吸引の対価も医療費控除!

‣介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対応も医療費控除の対象

この情報も驚きました・・・。まさか、介護福祉士による喀痰吸引も医療費の控除対象になるとは知りませんでした。
では、詳しく見ていきましょう!
※私が介護士になった当時、喀痰吸引をすることは認められていませんでしたが、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員等が、医師の指示の下で行うなどの要件の下で、喀痰吸引等を行うことができることとされ平成 24 年4月1日から施行されました。

<Point1>これからあげる下記のサービス・施設で『介護福祉士による喀痰吸引』が行われた場合、その費用が医療費控除の対象となります。

‣上記表の「福祉系サービス」で、上記表の「医療系サービス」と併せて利用しないもの
※わかりやすく言うと、「医療系のサービス」は利用せず上記表にある「福祉系サービス」のみを利用している場合
‣生活援助中心型の訪問介護
‣特定施設入居者生活介護
‣介護予防特定施設入居者生活介護
‣認知症対応型共同生活介護
‣地域密着型特定施設入居者生活介護
‣介護予防認知症対応型共同生活介護

この情報も初耳でした。
介護福祉士も痰吸引ができるようになったというのは、もちろん知っていましたが上記の条件に当てはまれば「医療費控除」として認められるとは・・・驚きです。

<Point2>介護福祉士による喀痰吸引等の負担金全額が医療費控除の対象となるわけではありません。

サービスの一部分として介護福祉士等による喀痰吸引等が行われるため、そのサービスに要する費用に係る自己負担額10 分の1が医療費控除の対象となる金額とされています。
そのため、サービス事業者が利用者に対して利用料の領収証を発行する際、医療費控除の対象となる金額を明らかにするため、その領収証に自己負担額の 10 分の1の金額を区分して記載するよう厚生労働省から各事業者に対して事務連絡を行っているそうです!

私自身、数年ブランクがあるので、現在の領収証状況はわかりませんが、このように事業所側から発行してくれたら医療費控除も楽になりますね。

医療費控除はどのくらいお得?

まず、下記の計算式に当てはめて金額を出してみましょう。

①医療費控除額=1年間に支払った医療費合計-保険金などで補填される金額-10万円(その年の合計所得金額が200万円未満であれば、合計所得金額×5%の金額)

②医療費控除額×所得税率(国税庁HPより引用)

例)合計所得金額500万円
①医療費控除額=10万円の場合
②10万円×20%=20,000円所得税が控除され、お得になるというわけです。

本来払うべき税金を控除してくれるのですから、ありがたい限りです。

医療費控除の手続き(確定申告)

手続きには、1年分全ての領収書が必要になりますので、整理しておきましょう。また、電車賃など領収書がない場合は「日付」「金額」「交通機関名」などメモに残しておけば大丈夫です。
確定申告の書類と領収書を持って、税務署へ2月16日~3月15日までの間に提出しましょう。

まとめ

福祉系出身のため、介護保険の医療費控除について多く語ってしまいすみません。
介護に携わっていても知らない情報があるのだと驚きました。それくらい、多くの方に知って頂きたい部分です。医療費控除は医療だけではありません!

又、不妊治療についても知らなかったという方もおられると思います。もう10年近く不妊治療している友人に聞きましたが「助成金は知ってたけど医療費控除は知らなかった」と言っていました。
不妊治療は、多くて何百万もかかる方もおられます。その負担を少しでも減額できれば、また次への活力にもなります。

税金を控除してくれるのは本当助かります。領収書を取っておいて、整理して、交通費のメモをして・・・と日頃の積み重ねが大変かも知れませんが、来年の税金のため家計のためです。

多くの方に「医療費控除」の対象は色々とあるんだ!と知って頂けたら幸いです。