結婚にかかる費用総額と目標貯金額はいくら?新生活の資金と賢い備え方

結婚にかかる費用

結婚するとお金の流れは大きく変わります。独身時代は、お給料全部を一人で好きなように使えますが、結婚後は家族が増える分、今までのようにお金を使えなくなることが多いのではないでしょうか。

結婚が決まった時点で、「お金に対する意識」を変えなければ、将来「家計の破綻」を招くことにもなりかねません。今回は、結婚に必要な資金と結婚後のお金の管理方法についてお話させていただきます。

まず最初は、結婚費用がどれくらいかかるのかをみていきましょう。

結婚にかかる費用総額っていくら?

今は、家族だけでひっそりと結婚・海外で二人挙式・結婚式はあげない等、それぞれの考えやライフスタイルによって結婚式も変化してきています。ですが、もし結婚式をしないとしても「婚約指輪」「両家打ち合わせの費用」「新婚生活費用」などが必要になります。

<ゼクシィ結婚トレンド調査(2016年/全国平均データ)>

婚約(両家顔合わせ・結納金・婚約指輪) 56.4万円
挙式・披露宴 359.7万円
結婚指輪 24.3万円
新婚旅行・土産 72.8万円
平均合計 約470万円

結婚式をあげるとなると・・・平均約470万円!とても大きな数字ですね。一生に一度の結婚式ですし、後悔しないためにもしっかりと備えておきたいものです!

ですが、470万円という金額は若い方々にとって、すぐ貯金できる額ではありませんよね。もし470万円も貯金できていないとしても落胆することはありません。結婚式に来て下さる方々から「ご祝儀」という存在も計算しましょう。

結婚資金の目標貯金額とは?

結婚費用(例470万円)ーご祝儀(招待客70人×3万円)=自己負担額(260万円)

つまり、上記計算式のように、ご祝儀を引いた金額(自己負担額)を用意できればいいのです。

そのため、まずは!200万円を目標に貯金をしておくと良いのではないでしょうか!200万円であれば、月々約3万円ずづ貯金することで5~6年後には実現可能です!また、ボーナスもあるでしょうし、それも貯金すればもっと早く目標に到達しますね。

ご祝儀の相場とは?

相場は、下記表のようになっています。結婚資金を計算する際の参考になれば幸いです。ですが、地域性もありますので、必ずしも相場以上になるとは限りません。

また私の話で恐縮ですが、結婚式をある田舎のホテルで挙げた結果、ご祝儀は相場の半分でした・・・。参列者の年齢や考え、地域性もあると思いますので、その辺も下調べしておいた方が良いかもしれません!
表:ゼクシィHPより引用

友人 3.0万円
上司 3.8万円
親族 6.4万円

実際に「結婚資金」を備える方法とは?

【1】独身時代に貯蓄
こちらでもお話しましたが、お金の貯め時は20代です!結婚後は、家賃・住宅ローン・教育費などがかかり貯めにくくなります。

また、お金を増やす勉強として、生活のリスクが少ない独身時代に「少額の投資」をはじめてみるのもお勧めです。

【2】親からの援助
最初から親からの援助を期待するのはよくありませんが、だいたいのご両親はいくらかでも援助してくれるのではないでしょうか。ちなみに、私の場合、親から援助は全くありませんでしたが、借金することなく貯金内で結婚式を行うことができました(小規模でしたので)。

上記で、親からの援助を期待するのはよくないと言ったのに、なぜここでピックアップしたかというと・・・「結婚資金の一括贈与非課税制度」というのがあり、親・祖父母から子へ結婚資金の援助(300万円まで)をしても非課税にからです。

もし、親や祖父母から「援助するよ」と言われたら、感謝とお礼の気持ちを伝え大切に使わせて頂きましょう。

結婚式を安く挙げるには?

①結婚情報サイトを活用しよう
楽天ウェディング・イオンウェディングマイナビウェディングなどの結婚情報サイトを使い、複数の式場を比較しよう!

キャンペーンの内容にもよりますが、見学に行くだけでポイントや商品券などがゲットできるかも知れませんよ!ダブルでお得!

②費用を掛けたい項目を絞ろう
料理・ドレス・演出など、それぞれこだわって費用をかけたい部分があると思いますが、全部にこだわると費用は無限に上がり続けてしまいます。二人で話し合い、こだわる部分を決めて費用を有効的に活用しましょう。

③自治体などの会館も検討しよう
公共施設の結婚式場は、なかなか情報も少ない上に、人気が高い式場はすぐに予約でうまってしまいます。
まずは、ブライダルフェアに参加してみましょう。ブライダルフェアで、色々な式場を実際に見てみるのがオススメです。

④結婚式場の早期割引を利用しよう
結婚式場フェア・キャンペーンなどの内容により異なりますが、早く予約すると割引する式場が多いです。また、フェアなどに行った時、その場で予約すると割り引いてくれたりしますので、もし気に入った結婚式場があるようでしたら早めに行動しましょう。

⑤費用の上限を決めよう
結婚式の費用は、どんどんあがっていきます。「手作り」や「レンタル」にする、「知人に頼む」などして予算の上限を守りましょう。

⑥2次会ドレスは節約で
メインとなる結婚式は、豪華に!しかし、2次会は「動きやすさ」「ラフさ」があったほうが皆と楽しめていいのではないでしょうか。結婚式プランの中に、2次会ドレス込みというところもありますが、もしそうでなければパーティードレスで十分です。
ちなみに、購入ではなく「レンタル」もあるので、かなり格安でおしゃれが楽しめますよね。

結婚予算を削らない方がいい部分とは?

結婚披露宴は、招待客におもてなしする気持ち(感謝)が大切です。そのため、「料理」「引き出物」は節約せず、おもてなしをしましょう。ここをケチると「評判を落とす」「人間関係に影響」という結果になるかもしれませんよ。

そして、節約のために写真やビデオ撮影を友人や知人に頼む方も多いようですが、一生残るものなので失敗は許されません。お互いのため、招待客のためにも、できればプロに依頼しましょう。

私は、親族に頼み・・・失敗した派です。
なぜならば、その親族の方もゆっくりできなかったし、ビデオもブレブレで・・・見返すことは一度もありません。

新生活にかかるお金を知っておこう!

結婚式が終わると、いよいよ新生活がスタートしますね。「新生活準備調査2016」によると、新生活準備にかかった費用は『平均約72万円

<各項目の平均額>
※新生活準備調査2016「リクルートブライダル総研調べ」

インテリア・家具 40.0万円
家電製品 37.4万円
住居の賃料(敷金礼金等含む) 18.2万円
引っ越し費用 6.4万円

結婚後のお金の管理について話し合おう!

①2人でお金の価値観を共有しルールをつくろう
「結婚前の貯金はそれぞれが所有するのか・共有するのか」「お小遣い制にするのか・必要な時に渡すのか」「お金の管理は誰がするのか」「趣味に毎月〇円は使いたい」など、お金に関して話し合っておくことはたくさんあります。お互いがどう考えているのか探り合うのではなく、しっかりと話し合うことが夫婦円満の秘訣でもあります!

ちなみに、私は・・・お互いの貯金はそれぞれの所有するという結論になった・・・というか、一方的な考えを押し付けられて納得せざるを得ない状況になりました。

②お金に関する疑問があったら確認しよう
「借金はないか」「収入はいくらか」など隠さず、オープンにしておくことがとても大切です。

③将来なりたい姿を話し合おう
「子供は何人ほしい」「親の面倒は自分がみたい」「年に一回は旅行にいこう」など目標をたてることで家計はうまくいきます。

新生活と同時に貯蓄も開始しよう!

新生活は、何かと物入りですが、早速「貯蓄」を開始しましょう。子供ができたら、家を購入したら、貯蓄はどんどん難しくなります。貯蓄はできるときにするのが鉄則です!

まとめ

結婚・新生活では、とても大きなお金が動くことになります。気持ち新に仲良くスタートするためにも「お互いの考えを伝えあう」ことが何よりも大切です。

相手のことを思い我慢するのでは「絆」は深まりません。

しっかりと二人で素敵なライフプランを考え、手を取り合って歩んで行ってくださいね。