人気の共通ポイントカード・賢くポイントを貯める方法

共通ポイントカード

各店独自のポイントカードではなく、提携するお店ならどこでもポイントが貯まる「共通ポイントカード」。

チェーン店や大型スーパー、コンビニなどでは、ほぼ導入されており「〇〇ポイントカードはお持ちでしょうか」などレジの人に聞かれることが自然な光景となりましたね。

「共通ポイントカードなんで持たないわ」という方もおられるかも知れませんが、1ポイント=1円で買い物することが出来るため、利用の多いお店の共通ポイントカードは持っていて損はありません。

ですが、そんな私自身も「財布にカードを増やしたくない」「いちいちポイントカードを提示するのがめんどくさい」というタイプでした・・・。しかし、レジの方に聞かれる度に「持っていません」と答えるのもだんだんめんどくさくなり、最初は渋々カードを作りましたが、今ではレジの方に言われる前から用意して提示しています。

では、今現在人気となっている「共通ポイントカード」の種類や特徴、ポイント貯めるにあたっての注意点などをご紹介します。

共通ポイントカードとは?

店舗独自のポイントカードではなく、提携店で利用することができる「共通ポイントカード」。

しかし、お店に対して必ずしも一つの共通ポイントではなく、複数の共通ポイント利用が可能なところも増えています。つまり、顧客側が貯めたいポイントを選ぶことができます。

なぜ、お店は共通ポイントに参加するのか?

店舗限定のポイントは、消費者を囲い込むためのものでしたが、共通ポイントは「相互送客」が一番の目的となっています。

この前に体験した実際の話なんですが、「ウェルシア(Tポイント加盟店)」で買い物をしてレシートを受け取った時、「ファミリーマート(Tポイント加盟店)で使える30円引きクーポン」をもらえました。

このように、一つの店舗で囲い込むのではなく、それぞれの加盟店同士で相互に顧客を送客することで、今まで利用のなかった顧客がゲットできるわけです。

顧客側からしても「これを機会にファミリーマートのデザートでも試してみようかな」という気持ちになりますよね。

人気の共通ポイントカード

クレジットカードではないので、年会費無料で作ることができます。

種類 提携店  ポイント率

TポイントTポイント

TSUTAYA・ファミリーマート・ガスト・吉野家・ENEOS・Yahoo!JAPAN・ウェルシアなど 100~200円(税込)=1ポイント相当

PontaポイントPontaポイント

ゲオ・ ローソン・昭和シェル・高島屋・大戸屋
ケンタッキー・じゃらんネット、ホットペッパーなど
100~200円(税込)=1ポイント相当

楽天ポイント楽天ポイント

マクドナルド・くら寿司・ミスタードーナツ・ホワイト急便・サカイ引越センター・ジョーシン・紳士服コナカなど 100円(税込)=1ポイント相当

dポイントdポイント

マクドナルド・ローソン・AOKI・ジョーシン・ノジマ・高島屋・無印良品オンライン・東急ハンズなど 100~200円(税抜)=1ポイント相当

WAON POINTWAON POINT

イオン系列店・ミニストップ・ファミリーマート・ダイエー・ASBeeなど 200円(税込)=1ポイント相当

ポイントを効率よく貯めるために、ポイントを比較し(還元率・税込なのか税抜)違いを知って、賢く使いこなすことがポイントです。

共通ポイントカードのメリット

・いろいろな加盟店で幅広くポイントを貯めることができる。
・買い物をするとレシートに「30円引き」などのクーポンが付いてくることや、割引などのキャンペーンもある。

共通ポイントカードのデメリット!ポイントに振り回されてはダメ!

「本日ポイント2倍!」など、各店舗キャンペーンをすることがよくあります。しかし、ここで大切なのは「買い物の必要性」を見失わないことです。

「ポイント2倍だし、あれもこれも買ってストックしておこう!」「ポイント2倍だしおやつのケーキを買っちゃおう」というように、本来買わないであろう商品を手にとってはいけません。

ポイントはあくまでおまけです。ポイント貯めたいから・・・と財布の紐をゆるめてしまっては元も子もありません。

又、「ポイント2倍」でも商品自体の値段が高かったら、結果「損」をしてしまいます。
キャンペーン中であっても、いつもの値段を見る行動を忘れてはいけません。

賢く共通ポイントを貯める方法

その①日頃利用するお店を考える

「自分が日頃、どのお店・どのコンビニを利用しているのか」を考え、共通ポイントを絞って集めてみよう!
もし、「イオン+コンビニ」の利用が多ければ「WAONポイント」を意識して集めるなど、一人一人に合った使用方法が可能です。

ちなみに、私は「Tポイント」の利用が多いので、ガソリンスタンドも意識して「ENEOS」を探して給油を心掛けています。しかし、「1Lいくらか」もしっかりチェック!ポイントがつくからといって高いお店で給油してはお得になりませんので要確認!

その②ポイントアプリをダウンロード

買い物以外でもポイントが貯まるアプリをご紹介します。
アプリを利用することで、「モバイルポイントカード」を利用できるようになり、お財布の中でかさばっていたポイントカードを減らすこともできます。

※モバイルカードとは、スマートフォンの画面上にバーコードが表示され、それをポイントカードとして提示することでポイントがいつものように貯まっていくカードのことです。スマートフォンのバーコード画面をお店の人に見せて「ピッ」っとするだけでOK。
※モバイルポイントカードは利用できない店舗もありますので、確認してからお財布から出してくださいね。

【T-POINT】
くじは、当たる当たらない日もありますが、Shufoo!はチラシをクリックするだけでポイントがゲットできるので毎日少しずつ貯めることができますよ。私も地道に毎日ポイントゲットしております。

T-POINTアプリT-POINT

キャンペーン期間中であれば、1日1回無料でスロットができる⇒高い確率で当たる!当たれば1Tポイントゲット

Yahoo!アプリYahoo!

「毎日スロットくじ」⇒1日1回無料でくじ(3チャレンジ)をまわすことができ当たればポイント又は商品ゲット

Tポイント×Shufoo!アプリTポイント×Shufoo!

タグのついた「今日のチラシ」をクリックするだけ⇒1Tポイントゲット(通常1日1回・キャンペーン時は1日2回)

TモールガチャアプリTモールガチャ

1日1回無料でガチャ⇒Tポイント又はスタンプトゲット
毎日アプリにログインしてスタンプが10個貯まると⇒1Tポイントゲット

ウェルシアグループアプリ×T-POINTウェルシアグループアプリ×T-POINT

 毎日当たる今日のくじ1日1回無料⇒当たればポイントゲット
◎アプリ内のTカードクーポンも要チェック!お菓子やシャンプー・洗剤などを購入するとポイントが付与されます(10Pや120Pなど商品によって様々なクーポンあり)

【楽天ポイント】

楽天市場アプリ楽天市場アプリ  アプリ限定ラッキーくじ(1日1回)⇒当たればポイントゲット

【dポイント】

dポイントアプリdポイントアプリ dポイントクラブアンケートに答えるだけ⇒ポイントゲット(3ポイント~アンケート内容によってポイント変動あり)

上記のアプリをゲットするだけで、楽しみながらポイントをゲットすることができます。

その③ポイントを移行~ポイントの使い道

ポイントは、必ずしも同じポイントがつくお店で使わなければいけないという訳ではありません。下記表の様に、他ポイントへ移行することもできますので、ご自身の生活スタイルに合わせてポイントを有効活用してみてください。

ポイント種類 移行できるポイント先
Tポイント ANAマイル・Suicaポイント
Ponta JALマイル・LINEギフトコード・dポイント
楽天ポイント 楽天Edy・ANAマイル
dポイント JALマイル・Ponta

ポイントカードの有効期限に要注意

共通ポイントは、通常1年間ポイントの獲得が無ければ消滅してしまいます。ということは、1年の間に1回でもポイントを獲得したら有効期限が1年間延長されることになります。

ポイントカードの仕組みを知ることで、より賢くポイントを貯めることが出来ると思います!
一回一回提示するのはめんどくさいですが、気づかぬうちに貯まっていく嬉しいポイントカード。
上手にポイントを貯めて活用し、生活費を節約しましょう。