未熟児養育医療制度とは?治療費や入院費負担の対象となる乳児とは?

未熟児養育医療制度

皆さんは何グラムで生まれてきましたか?

今回は、生まれてきた赤ちゃんが「未熟児」などだった場合に利用できる『未熟児養育医療制度』についてお話させていただきます。

未熟児養育医療制度とは?

未熟児養育医療制度とは、低体重で生まれた赤ちゃんや、呼吸器・循環器・消化器などの機能が未熟な赤ちゃんに対して、医師が入院養育が必要であると判断した場合、指定の医療機関で適切な処置を行うための治療費や入院費を居住地の自治体が一部または全額負担してくれる制度をいいます。又、地域により、世帯の所得税額などに応じて治療に要する費用の一部を自己負担することもあります。

<豆情報>
日本では、出生数が減少していますが、低出生体重児の数は毎年増加しています。その原因として、不妊治療による双子や3つ子の赤ちゃんが増えたこと、新生児医療の進歩により超低出生体重児の赤ちゃんも救出できるようになったことが挙げられています。

未熟児養育医療制度の対象となる乳児とは?

下記いずれかに該当し、医師が入院療育の必要性があると判断した場合、未熟児養育医療制度の対象となります。

出生時の体重が2000g以下 低体重で生まれてくると、身体機能が未熟であるため保育器などの処置が必要となります。
運動不安や異常・けいれんがみられる 赤ちゃんの運動に不安な部分がある・運動異常がみられる・けいれんが見られるなどの症状が見受けられる場合は、入院して治療を施す必要があります。
体温が34度以下 赤ちゃんの体温は平均36.5~37.5度の間で、36度以下になっている場合を「低体温」といいます。低体温になると、消化機能が上手く働かなくなったり、自律神経が乱れたり、発育に影響が出る恐れがあります。

最悪の場合、低体温が原因で命の危険性も出てくる可能性があるため、低体温の原因を探りきちんと解決する必要があります。そして、低体温となった場合は、保育器などで人工的に体温を維持して体力の消耗を防ぎます。

呼吸器・循環器系の異常 強いチアノーゼが継続して見られるもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの、呼吸数が1分につき50回以上の増加傾向、または1分につき30回以下の少ない傾向にある場合など。

チアノーゼは酸素の供給が不足することによって起こります。1分間当たりの呼吸数が少なすぎたり多すぎたりすることも原因と思われ、呼吸器官や循環器官に異常があると診断された場合は入院治療が必要となります。

消化器系の異常 出生後24時間以上排便がない、出生後48時間以上嘔吐が継続してある、血性吐物・血性便である場合、消化器系がちゃんと機能していない可能性があるため入院して治療しなければなりません。
黄疸 生後数時間以内に現れる、又は異常に強い黄疸の場合。
黄疸は生後2~3日後の赤ちゃんによく見られ、そのほとんどは生理的な現象なのです。しかし、生まれてすぐに黄疸が出たり、とても強い黄疸の場合は、他の病気からくるものも考えられるため、入院養育して様子を見る必要があります。

指定医療機関の確認!

未熟児養育医療制度は、「指定療育医療機関」で治療を受けた場合のみになります。
居住地の自治体HPに指定療育医療機関の一覧を載せているところが多いのでご覧になってみてください。

申請先は?流れは?

まず、居住地の自治体・保健所・保健センターのいずれかになります。手続きが遅れると助成を受けられない場合もありますので、早めに申請を行いましょう。

【申請者】
親権者、未成年後見人又は乳児を現に監護する者

【一般的な申請必要書類】
・印鑑
・養育医療給付申請書
・養育医療意見書(指定医療機関の医師に記入してもらう)
・世帯調査書(家族構成を記入)
・同意書
・対象乳児の健康保険証
・所得税額の証明書類(世帯の所得に応じて自己負担がある場合)

申請する時期は自治体によって異なりますが、基本は出生してすぐに申請することをお勧めします。未熟児養育医療制度の申請・問い合わせ先は住んでいる地域を管轄する保健所へ確認してみてくださいね。

まとめ

私の知り合いの子どもは、生まれても下半身が全く動かなかったそうです。他にも、いろいろな話を耳にします。

健康に問題なく生まれてくる赤ちゃんの方が少ないのかも知れません。ですので、親がしっかりと助成金や医療費のことなどを理解し、サポートすることが重要になると思います。

ちなみに、私も生まれてすぐ足の動きが悪く「心配した」と母より聞きました。しかし、私の場合も徐々に足の力をつけ問題はありませんでしたが・・・。

ですが、もし、未熟児などだった場合、本当に赤ちゃんのことが心配になりますよね。

赤ちゃんは、保育器に入ったり管をつけたりして生きるために頑張っていますので、お母さんも赤ちゃんのためにできることに目を向けていきましょう。