私立幼稚園就園奨励費とは?補助金額ってどれくらい?

私立幼稚園就園奨励費

幼稚園には、自治体が運営する「公立幼稚園」と学校法人が運営している「私立幼稚園」があります。ですが、「私立」というのは「公立」に比べ費用が高めです。

そこで今回は、その費用負担を軽減するための補助金についてお話します。

私立幼稚園就園奨励費とは?

保護者の経済的負担の軽減と幼稚園教育の普及充実を図るため、園児の世帯の所得状況に応じて入園料・保育料を減免するための制度をいいます。対象園児は、満3歳児~5歳児。

公立・私立幼稚園の費用ってどれくらい?

文部科学省の学習費調査(引用)結果の表をみると、私立幼稚園の費用は公立の「倍」です。もちろん、各ご家庭の所得により変動しますが、平均的数値を見る限りは・・・「倍」です。

私立幼稚園は、それぞれ保育料などの料金設定が異なるため、具体的数値はわかりませんが「埼玉県秩父市の公立幼稚園」の費用については下記表のようになります(埼玉県秩父市HPより引用)。又、この表には、私立幼稚園の保育料も参考に載っていましたので比較してみてください。

ある程度の所得があるご家庭になると、保育料が大きく開き、私立幼稚園は公立の倍になっていますね。

階層区分 【参考】 公立幼稚園保育料(月)
国基準額 認定こども園(幼稚園部分)・私立幼稚園保育料(月)
第1 生活保護世帯 0円 0円 0円
第2 市民税非課税世帯及び市民税均等割りのみ課税世帯 3000円
(0円)
3000円(0円) 3000円
第3 市民税所得割課税額77,100円以下 16,100円
(15100円)
11200円(10500円) 11200円
第4 市民税所得割課税額211,200円以下 20500円 16100円 11200円
第5 市民税所得割課税額211,200円以上 25700円 20200円 11200円

上記表のように、費用面だけをみると「公立」の方が家計に優しいですよね。しかし、希望者全員が公立に入園できるわけではありませんので、今回お話している制度で補助金を受け、費用負担が大きく軽減させることができます。
では、どのくらい軽減されるのか見ていきましょう。

どのくらい補助されるの?

金額は、所得(市町村民税額)・兄弟姉妹・第何子かによってかわりますが、年額最大で30万8000円の補助金がでます。もし、最大の補助金を受けることができたら、公立でかかる年間費用と同程度の負担で通園することができますね。※私立幼稚園入園費などことなりますのであくまで平均的なお話です。
下記表:
兵庫県宝塚市私立幼稚園就園奨励費補助金(平成29年度)より引用

補助の対象区分 区分 補助金額(年額)
1 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定により保護を受けている世帯 第1子 308,000
第2子 308,000
第3子 308,000
2A ひとり親世帯等に該当し、当該年度に納付すべき市町村民税が非課税となる世帯又は当該年度に納付すべき市町村民税の所得割額が非課税となる世帯 第1子 308,000
第2子 308,000
第3子 308,000
2B 当該年度に納付すべき市町村民税が非課税となる世帯又は 当該年度に納付すべき市町村民税の所得割額が非課税となる世帯 第1子 272,000
第2子 308,000
第3子 308,000
3A ひとり親世帯等に該当し、当該年度に納付すべき市町村民税の所得割額が34,500円に①、②の合計を加えた額以下となる世帯①16歳未満の扶養親族の数×21,300円②16歳以上19歳未満の扶養親族の数×11,100円 第1子 272,000
第2子 308,000
第3子 308,000
3B 当該年度に納付すべき市町村民税の所得割額が34,500円に①、②の合計を加えた額以下となる世帯①16歳未満の扶養親族の数×21,300円②16歳以上19歳未満の扶養親族の数×11,100円 第1子 139,200
第2子 223,000
第3子 308,000
4 当該年度に納付すべき市町村民税の所得割額が171,600円に①、②の合計を加えた額以下となる世帯①16歳未満の扶養親族の数×19,800円②16歳以上19歳未満の扶養親族の数×7,200円 第1子 62,200
第2子 185,000
第3子 308,000
5 補助を受ける児童が4歳児及び5歳児に該当し、当該年度に納付すべき市町村民税の所得割額が297,600円に①、②の合計を加えた額以下となる世帯①16歳未満の扶養親族の数×19,800円②16歳以上19歳未満の扶養親族の数×7,200円 第1子 28,800
第2子 154,000
第3子 308,000
上記区分以外の世帯 第1子
第2子 154,000
第3子 308,000

※各自治体によって金額や所得の条件が異なりますので、お住まいの自治体へ確認してみてください。

申請方法は?

居住地の市区町村、または通園している幼稚園へ申請を行います。申込書は、6月中旬に就園している幼稚園から配付されます。

まとめ

私立幼稚園には、それぞれの独自性があるのだと勉強になりました!
この補助金を活用し、子供たちの個性や性格に合ったところへ通園できるといいですね。